私に刻まれたシワの対策

現在42歳。かなりお肌の状態で落ち込みます。二十歳ごろにストレスからか顎に大人ニキビが多発し、外で友達と話している間にもニキビが出来たりして、かなり悩んだ時期がありました。

http://votesiskindag.com/

プロポリスクリームと出会い、私には肌に合っていたようでほとんどニキビは治り救われたのですが、それ以来とても敏感肌。肌に合わない化粧品をつけると、ヒリヒリしてしまい、ノーメイクでいることが多くなってしまいました。

肌に合った化粧品にであえなくて、基礎化粧品もしっかりとつけていなかったので、感想肌もひどかったです。若いうちは良かったけど、30歳頃になるとシワも目立つようになってしまいました。子供が生まれ忙しい日々が続き、まだ大丈夫と思ってしまっている自分がいて…その頃から目尻とほうれい線は少しずつ深くなってきていたと思います。

ふと周りを見ると自分より年上の人でも、目尻のシワが無い人や、キメが細か方きれいな肌の人がいっぱいいて、私は、もしかして老けてる?と思うようになりました。なかなかシワの進行は止められないですが、それでも今は敏感肌の美容液などで、目尻、ほうれい線のシワの進行がゆっくりになるように頑張っています。

あと額のシワも目を大きく見開いた時に出てしまい、気をつけています。もう少し若い頃から、もっと肌をいたわっておけば良かったと後悔もしつつ、現状を受け止めてこれ以上深くシワが刻まれないように努力している毎日です

30代男性のお肌のくすみについて

私は30代後半の男性です。http://lembellie-listrac.com/

もともと、肌色は色黒です。しかし、最近はとても肌の「くすみ」や「シミ」が気になりだしています。肌に関してはたくさんのトラブルを持っています。乾燥肌で高校生の頃はよく顔が粉をふいていました。高校生でお小遣いも知識も少ない私は、化粧水で乾燥を防ぐケアを全くしていなかったのです。また、ニキビもよくできていました。ビフナイトなどの薬用ニキビケア用品を使用していましたが、あまり効果がなかったと思います。

若気の至りで、ニキビをよく潰していました。ニキビ跡が残って肌が汚くなり、高校生活はあまり青春を謳歌した記憶がありません。現在でも乾燥肌やニキビは気になっていますが、ハトムギ化粧水と青缶ニベアでケアしているので高校生の頃程ではありません。

しかし、30代を過ぎてから一番気になるのは「くすみ」です。こればかりは、進行をとめられません。原因は何となく分かっているんです。たぶん食習慣だと思います。私はとても甘いものが大好きです。下手すると大袋のチョコレートを一日で一人で食べきってしまうくらいです。くすみやシミの原因は「糖化」による焦げだと聞いた事があります。ビタミン不足でも肌はダメージを受けると調べた事があるので、サプリメントで補っているのですが、あまり効果があるとは思えません。

わたしは太ってはいませんし、顔の形状で頬骨が浮き出たような顔だちです。一番くすみが目立つのが、頬骨のしたのくぼみの箇所です。そこが黒いシャドーを入れたように、鼻から口元に斜めに向かってくすんでいます。更にそのくすみに沿って、小さいシミができています。

くすみやシミができると、やはり老けて見えます。食物繊維をたくさん摂取して糖質の吸収を抑えるようにもしようかとも考えています。「男性でも肌ケアにお金と時間をかける時代なのかも知れない」と年を重ねる毎に考えるようになりました。

「生理前に吹き出物が出来る」私の対策と体験談

「生理前になると、吹出物が出来る」という方へ、アロマセラピストの私が今までしてきた対策と体験を書かせていただきます。

プルエスト洗顔の効果は?悪い口コミもある?肌トラブルを解消できるのか購入して試してみた

私は、大人になってからも生理前になると吹き出物が出ていました。

特に、身体的にも心理的にもストレスが多い時は、吹き出物も多く出ていました。

・ストレスを溜めない

・リラックスやリフレッシュを心がける

・栄養バランスを意識した食生活をする

・適度な運動をする

上記のような生活を心がけることは、とても大切で大前提です。

しかし、プラスαとして、なにか出来ることはないのか?という事で、私が実践して良かったことは、アロマテラピー、クレイテラピー、ファイブフラワークリームの3つでした。

・アロマテラピー

ラベンダーの芳香蒸留水を化粧水として使用しています。また、アロマテラピーは自律神経のバランスを整える力をサポートしてくれますので、リラックスやリフレッシュのために、その時に「良い香り」と感じる精油で芳香浴をしたり、植物油で精油を希釈しオイルを作り、お顔や身体のトリートメントをしています。

・クレイテラピー

クレイは吸収・吸着する働きが期待できると言われていますので、月に1回、生理前にクレイパックの実践を継続しています。だんだんと吹き出物が出来ずらくなっていきました。また「吹き出物が出そう」もしくは「出来た時」にも、その部分にクレイパックをしました。

・ファイブフラワークリーム

フラワーエッセンスが配合されているクリームです。さらに吹き出物が出来づらくなってきました。フラワーエッセンスとは、イギリスの医師であるバッチ博士が確立したエネルギー療法の1つです。

生活習慣を整えるとともに、私の場合は、上記3つの実践が、生理前の吹き出物対策で良かったと感じることです。

あくまで私の個人的な体験ですので、これらを実践しても同じように吹き出物が出来づらくなるかどうかはお約束できませんが、お悩みの方の参考になりましたら、嬉しく思います。

繰り返す大人ニキビの悩みと対処法

私は20代後半の男性ですが、必ずと言っていいほど大きなニキビが一つか、二つくらいできます。鼻の横から顎あたりがよくできる箇所ですね(>_<) PLUEST(プルエスト)

皆さんはいわゆる”大人ニキビ”にどのように対応されているのでしょうか?

私はこれまで、大人ニキビに効くという洗顔料や化粧品を試してきました。しかし、結局できてしまいます。しかも、膿んできてめちゃくちゃ痛いんですよ、これが。゚(゚´Д`゚)゚。

それに、ニキビの嫌なところは痛いだけではなく顔にできていると、どうしても目立ちますよね(???)

ニキビに効く成分を配合したコンシーラーとかも販売されているので、試してはみるものの、膿んできたり、大きくなり過ぎたものには期待するほどの効果は得られませんでした。

仕方がないので、最終的には自分で潰してましたね(笑)

まぁ、それも痛いし、何より跡が残ってさらに気が滅入ります( ̄▽ ̄;)

もうどうして良いのやら途方に暮れていましたが、皮膚科でニキビ治療されている方の話を聞いて私も通院することにしました。ニキビで通院って、”恥ずかしいなぁ”という思いはあるものの、背に腹はかえられないというやつですね(⌒-⌒; )

通院したことによって、”ある塗り薬”を処方されました。それは、ニキビができづらくなる肌にする作用を持つものでした。それ以降、定期的に通院し、処方された薬を毎晩塗る生活を続けています。確かに、薬を塗り始めてからニキビができる頻度や大きくなったり、膿んだりすることも少なくなったと思います。しかし、それでもニキビができてしまうこともあるので、その時も皮膚科にかかって潰してもらっています。その方が正直自分でやるよりは痛くないですね(笑)

まだまだ”ニキビ”との戦いは続きますが、一人でウダウダ考えているよりは皮膚科に行って、潰してもらったり、薬を処方してもらった方がよほど建設的かもしれません!

皆さんの中で悩まれている方がいらっしゃれば、専門家に相談してみることも一つの方法だと思います。それに、皮膚科でのニキビは治療は自費ではなくて保険診療可能ですからねヽ(*´∀`)

おばあさんになっても綺麗でいたいわ。

62歳のおばあさんです。まさか、60歳を超えるとは、思っていませんでした。というと、可笑しい言い方ですが、ほんとうに正直、まさか、こんな歳になるなんて思ってもみませんでした。

http://swachhtaactionplan.com/

若い頃60歳の人をみると、おばあさんだ!と思っていました。そんな私が、この歳になると、おばあさんだから、仕方ないとは、おもえないのです。どうにかして、綺麗でいたいと思います。もちろんシワ、シミ、ほうれい線は、いうまでもありませんが、皮膚だって、やっぱりおばあさん級です。だからと言って、諦めたくないのです。

食べるものも、積極的に、肌に良いものを食べます。新鮮な野菜を毎食いただきますし、なるべく、野菜は火を通すときは、ビタミンが、残る方法で火を通します。野菜のスムージーは、毎朝、欠かせません。

また、卵を割ったときは、卵のしろみをかおにぬってみますし、ヨーグルトを食べた時もちょっとヨーグルトを顔に塗ります。それは、実母が、よくしていたことなのです。もちろん、母は、亡くなりましたが、入院していて、顔に、何もぬらなくても、とても綺麗だったのです。それは、若い頃からそして、老いてからも、肌に気を遣ってきたからです。

私は、母に習って、色々なことに気をつけて、おばあさんだから仕方ないと、思わず、肌に気をつけていきたいと思います。

おばあさんらしい、綺麗なお肌を目指します。が、その歳には、見えないと言われたら、もう、それは、とても嬉しいことです。と、欲張ってみます。

乾燥には負けないぞ!!

今年は暖冬というけれど、冬はやっぱり乾燥しますよね。

あれこれいろいろとつけてみるけど、なかなか自分の肌に合う化粧品が見つからない。

しわも気になるし、周りに聞いてみるとみんないろいろとしてますね。シロジャムの口コミ&効果をご紹介!最安値で購入可能な通販は?

毎週プラセンタをちゅうしゃで打つ人。プラセンタサプリを飲んでいる人。

○○美容外科にしわ取り注射を打ちに行ってる人。

私はお金もあまりかけられないので、コラーゲンを飲んでます。いくつか試したの。コラーゲンって言ってもいろんなところから

出ているから。

私に合ったのは昔からあるコラーゲンでした。

一袋飲み終わるころに、化粧水をつけていたら何となく手触りが変わってた。

3か月飲み続けて、何となくやめてみたの。心の中で、もういいかな?って思って。

飲まなくなって1週間またカサカサの手触りに。

慌てて購入した(笑)

それだけが原因ではないと思うけど、女性ならお肌はきれいでいたいものね。

年とともにいろいろガタが来てお肌に不調が出ることもしばしば。

ネットで調べたりもするけど、情報がありすぎて迷子になっちゃうし。

自分に一番合っているものを探すって大変!だけど、いろんなことを試すのも女子としては楽しいもの。

乾燥やシミ、しわに負けずしっとりつやつやのお肌を手に入れたいものです。

ちなみに私はちょー乾燥肌でお化粧品にもとっても気を使ってます。

なにかいいものあったら教えてください!

「もし自分の肌が綺麗だったら」と妄想に耽る人生

私は約10年ずっと肌トラブルに悩まされております。そのせいで自分に自信が持てずに、人の目線ばかり気になってしまいます。

そんな私の主な肌トラブル内容は毛穴です。

思春期のニキビケアを怠ったことが今の肌トラブルに少なからず影響していると、私は感じています。

市販の販売店にシロジャムを売ってる場所はある?効果と私の口コミを暴露します!

中学生の頃私は顔面のニキビがとても酷く、同級生に「うわっ、ちょっとヤバイね痛そう」と言われるくらいでした。

当時の私は周りの目を気にしてしまい、マスクを手放すことができなくなりました。

見兼ねた母から皮膚科への通院を一度提案されましたが、その時にはすでに私は家族にも素顔を見せることが苦痛になっていました。

私のマスク生活は化粧を許されるまで続き、マスクを手放す時には肌は疲れ果てていました。

皮膚科に行った際には、先生から「これを完治は無理」とはっきり言われてしまいました。

ニキビは落ち着いたものの、思春期から刺激され続けた皮脂腺の影響で顔面はすぐドロドロに。

その皮脂が毛穴に詰まって黒ずみの原因になっています。

そしてその黒ずみを隠そうとファンデーションを重ねて、肌にストレスを増やす悪循環です。

インターネットでスキンケア商品を漁って試してを繰り返し、出費も痛いです。

あの時お肌のケアをしっかりしていればと後悔ばかりです。

もし自分のお肌が綺麗だったら、もっと自分に自信を持って色々なことができるだろうなと切ないです。

スッピンなんて見せられない!

私は現在27歳ですが、スッピンにはとにかく自信がありません。

特に寝起きのひどい顔‥

http://www.portellenclan.com/

自信がないというのにはちゃんとした理由があり、私は思春期時代から23歳頃まで、

スキンケアに関して全く意識をしてきませんでした。

中学生頃から少し化粧に興味を持ち始め、アイラインを引いたりチークをつけたり。

そしてその化粧を、全て普通の洗顔のみで落としていました。

もちろんアイラインは残ってしまうので、お風呂上がりに鏡を見て、残っているなと気付いたら

なんと、ティッシュで擦って落としていました‥(笑)

自ら摩擦で肌を傷めていたなんて信じられません。

高校生の頃にはさすがにクレンジングを使うようになりましたが

知識も何もないので、ゴシゴシ落とし、化粧水をつける前にドライヤーで髪を乾かしていたものですから、

相当乾燥していたでしょうね。

大学生の頃から23歳頃まではお酒をとにかく飲んでいて、朝帰りも頻繁。

化粧をしたまま朝まで過ごしたり、深夜に友人の家に泊まることになった時には

化粧を落とさず寝てしまったり‥

ニキビがひどく肌荒れが一番最悪だった時期です。

さらにさらに、そのニキビをつい潰してしまう癖のせいで

今の私の顔には残念なニキビ跡がたくさん。

今結婚していますが、付き合っている頃からスッピンを旦那に見られたくなくて必死でしたが

お世辞でも、可愛いよと言ってくれることに救われています。

朝起きてこんな顔の嫁が隣にいるなんて申し訳ない‥と思いながらも慣れてきてしまった自分が怖い。

頑張ってお小遣いを稼いで、ある程度貯まった時、美容クリニックで肌をケアして若返るのが今の私の夢です(笑)

同じ経験をしてきた皆さん、一緒に頑張りましょう!

そしてまだ間に合う皆さん!将来のために今のうちからしっかりケアして下さいね!!!

乾燥肌のケア方法をご紹介します。

これからの秋、乾燥肌に悩む人が多い季節です。

メイクも上手にのらず、粉を噴いたり、かさついたり。

しかし春夏も含めて一年中乾燥肌に悩んでいる方も多いはずです。

そこで、乾燥肌になってしまう原因と対策をご説明いたします。

ハクアージュの最安通販サイトは?

乾燥肌の原因が気になる人は、顔の皮膚は、どんなに清潔にしていても目に見えない細菌などで汚れてしまっています。

その細菌によって肌トラブルが起き、くすみの原因の古い角質は化粧水や美容液の浸透を妨害してしまうからです。

洗顔のコツは、洗顔のしすぎや洗顔料のすすぎ残しが乾燥の原因にもなるので、洗顔のしすぎ、すすぎ残しは必ず気を付けてください。

保湿のコツは、化粧水の適量を2~3回に分けて付けるようにし、手のひらに出して温めてからつけて、その後、美容液などを塗る。

食事方法は、美容効果が高い豆乳を摂り入れる事で、乾燥肌や女性ホルモンのバランスも整えられます。

豆乳が苦手の方は、コーヒー味などの豆乳がスーパーなどで販売していて、とても美味しく飲みやすくなっていますのでお勧めです。

以上で、「乾燥肌のケア」についてでした。

乾燥肌に気を付けるには、普段の洗顔やスキンケア、食生活や生活習慣にも注意が必要で、特に寝不足も悪影響にもなるので気をつけてください。

乾燥肌は改善させようと思えばしっかり応えてくれますので、ケア等を怠らないようにして、乾燥肌にならないように注意しましょう。

乾燥肌にお勧めできない食べ物・飲み物は、ファーストフードやスナック菓子類やアイスクリームなど冷たい飲料水はなるべく控えましょう。

テレビやスマートフォンなどを見ると、脳と体が休むことができず睡眠が浅く翌日肌の状態が悪くなります。

お肌の健康を保つために

誰だって、かさかさの肌よりも、ハリやツヤのある肌に憧れますよね。肌の健康を保つために欠かせないことをお伝えします。お肌のトラブルを防ぎ、健康を保つために大切なのは、毎日メイクをしっかりと落とすことです。女性の肌は、毎日のメイクにより、疲れてしまっています。

メイクをすることは大人の女性の常識であり、できれば肌の負担になるメイクなんてしたくなかったとしても、仕事などでお客様や同僚と顔を合わせる以上、メイクを一切しないわけにはいかない人がほとんどだと思います。そこで、大切なのは、1日の終わりにはしっかりとメイクを落とし、お肌をケアしてあげることです。

なぜなら、メイク道具は肌への負担を考えて作られているとはいえ、すっぴんでいるのに比べてメイクをしている状態は肌に負担がかかるからです。毎日忙しくて、メイク落としをメイク落としシートのみで済ませてしまっている人がいるかもしれませんが、メイク落としは手軽さよりもしっかり落ちるものを選ぶことをおすすめします。

メイク落としは入念に行い、さらに洗顔を行い、その上で化粧水および乳液で保湿してあげましょう。また、時間をかけてケアしてあげることで、自分の肌を大切にしてあげましょう。そうすることで、意識や気分が上向き、明るい表情でいられるようになります。

冬のバランスの良い温かい食事で健康維持をしましょう。

冬の食事は、当然ですが温かいものが良いです。

若い頃は、自炊が苦手でつい、駅の近くや駅中の立ち食いそば屋または、牛丼チェーン店、さらにカレーライスの店を頼っていました。

またお昼も、そば屋を利用することが多く、選ぶメニューもたくさんありました。

朝昼ともに不健康な食生活でした。

またハーフサイズの物とは言え、今ならカロリーも心配ですが、若かったから怖いものなしだったと思います。

そこで冬のバランスの良い食事を調べようと思いました。

冬は風邪やお肌トラブルの原因になるので、それを避けるためにも知りたいのもあります。

風邪をひく時は、疲れの蓄積や冷えた朝に体を冷やした時です。

加えて、食事バランスが崩れていることも関係します。

体調の維持や整えたい場合は、タンパク質やミネラルまたビタミンなどのバランスです。

抵抗力が落ちやすいので、特に注意します。

ビタミンは、疲労回復や血行促進さらにお肌の健康維持またはアンチエイジングなどに効きより多い種類のビタミンを摂りたいものです。

ビタミンDは体の内部では合成されないので、適度な日光浴、他にイワシの丸干しやしらす干しなどを食べることで得ることができます。

ミネラルが不足すると、骨がもろくなることや、貧血などを起こしやすくなります。

食事について、難しく考えないで、冬に旬を迎える食材を食べることです。

一番美味しい時に食べること、それが大事です。

根菜類は、冬に旬を迎え体も温めてくれる食材です。

煮込み料理や蒸し料理にすることで、美味しさをじっくり感じます。

簡単で健康に良い料理は、根菜の味噌汁のようです。

発酵食品は、腸内環境を整理する効能があります。

味噌も発酵食品ですし、根菜と合わせて体を温めます。

朝食を美味しく摂ることで、仕事の準備や休日の予定がスムーズに進みます。

一日全体の食事も見直し、体を冷やさないことや、感染症などにも負けないようにしましょう。

お肌の悩みどうにかしたい!!

私は肌トラブルに悩まされています。

混合肌でTゾーンはテカリ、Uゾーンは乾燥、、。

学生の頃はニキビ もたくさんできて自分な肌がとても嫌いでした。高いスキンケア商品を買うこともできない、親に相談するのもなんだか恥ずかしい、、

気になって、できたニキビ を潰したり、抜いたりをしょっちゅうしていました。おかげでニキビが1番ひどかった鼻は今もクレーター状態、、。

頬じゃないだけましか、と思っていたこともありますがやはり木になる。

毛穴を隠す化粧下地を使っても凹凸は隠せないし、ファンデーションも塗りにくい。

今はニキビ自体は落ち着いて、体のサイクルに沿って時々できるくらいにはなりました。

若いからしょうがなかったとは思いますが、肌は大切にしないとな、と後悔、、笑

肌の特徴は遺伝も大きいですしね。

いまは混合肌での悩みが1番です。

小鼻や鼻と口の間がよく乾燥するのですが、皮がめくれたりヒリヒリしたりします。

夜にヴァセリンをなって寝ると1週間くらいで治るのですが、直っていない間のメイクは一苦労です。

昼間に皮が巻かれてしまったときは、ファンデーションも一緒に取れるので、違和感極まりないんです。笑

そのくせ、Tゾーンは夕方になるとテカテカだし、、

肌悩みは尽きませんね、笑

セルフケアで改善しない毛穴の悩みは病院へ相談

顔の毛穴って気になりますよね。セルフケアを工夫してもあまり改善しなかったり、化粧で隠そうとしてもさらに汚く見えてしまったり…。

そこで今回は、セルフケアで解消できない毛穴の悩みについて、病院でできる治療をまとめてみました。

≪毛穴の主な種類≫

毛穴の開き:皮脂の過剰分泌が原因で、思春期にニキビができやすかった人に多い。

たるみ毛穴:加齢や水分不足で肌がたるみ、毛穴周りの皮膚が引っ張られることで生じる。

目詰まり毛穴:毛穴に白いプツプツがつまっている状態。

毛穴の黒ずみ:いわゆる「いちご毛穴」。目詰まり毛穴の状態が悪化し、プツプツが汚れて酸化した状態。

≪病院での治療≫

【開き・たるみ】

フラクショナルレーザー:自己治癒作用を促し、新しい皮膚を再生する。

水光注射:美容成分を皮膚の浅い層に注射し、みずみずしい肌を実現する。

【目詰まり・黒ずみ】

スペクトラレーザー:シミやタトゥーの除去にも用いられる。毛穴の縮小効果がある。

ケミカルピーリング:老廃物を溶かし、古い角質を除去する。

以上は代表的な治療ですが、病院ごとに導入している機器や治療は様々です。

毛穴の悩みを本気で解消したい!という方は、さっそくお近くの病院やクリニックを調べてみることから始めてみましょう!