体の疲れより心の疲れ

自分のストレス解消法はとにかく外に出ること。CBDMAXの効果をレポート!

新卒で働き始めてしばらくしてから世に言う『5月病』になった自分。始めは身体の疲れに任せて休日に寝ダメしたり、家でゆっくり過ごしたりとしてみたのですが、どうもスッキリせず…。ところがとある休日、いつものようにゆっくりと思ったのですが、ふいにどうしても紫陽花を見に行きたくなったのです。

(時期的に多分テレビか何かで流れていたのだと思います)外に出る、ましてやそんな観光スポットに行く体力など無かったのですが、謎の好奇心に負けて外出。電車で少し離れた紫陽花の名所に行きました。歩くのも疲れるし…人もいっぱいいるし…などと思ってもいたのですが、やはり満開の紫陽花は間違いなく綺麗で。

はしゃぐような体力は無かったのですが、少し重い身体と共にいくつかの名所を巡りました。一通り満足に廻り、さすがに足がくたびれてきたと頃には夕方近く。時間的にも帰るか、と思ったところでふと異変を感じました。これまでずーんと心にのしかかっていた重さが無くなっていたのです。

それどころかスッキリ気分爽快。そこで初めて自分の疲れの取り方が間違っていたことに気付きました。たまに『疲れているときほど外に出て、運動してたりして…』のようなことを言っている方がいますが、まさに自分はそのタイプだったのです。それ以来「もう疲れた~」という時ほど無理やり出かけるようにしています。

何事にも合う・合わないがあり、合わない方法を取っていても結局効果は無いんだな…としみじみ思った若かりし日の自分でした。