冬のバランスの良い温かい食事で健康維持をしましょう。

冬の食事は、当然ですが温かいものが良いです。

若い頃は、自炊が苦手でつい、駅の近くや駅中の立ち食いそば屋または、牛丼チェーン店、さらにカレーライスの店を頼っていました。

またお昼も、そば屋を利用することが多く、選ぶメニューもたくさんありました。

朝昼ともに不健康な食生活でした。

またハーフサイズの物とは言え、今ならカロリーも心配ですが、若かったから怖いものなしだったと思います。

そこで冬のバランスの良い食事を調べようと思いました。

冬は風邪やお肌トラブルの原因になるので、それを避けるためにも知りたいのもあります。

風邪をひく時は、疲れの蓄積や冷えた朝に体を冷やした時です。

加えて、食事バランスが崩れていることも関係します。

体調の維持や整えたい場合は、タンパク質やミネラルまたビタミンなどのバランスです。

抵抗力が落ちやすいので、特に注意します。

ビタミンは、疲労回復や血行促進さらにお肌の健康維持またはアンチエイジングなどに効きより多い種類のビタミンを摂りたいものです。

ビタミンDは体の内部では合成されないので、適度な日光浴、他にイワシの丸干しやしらす干しなどを食べることで得ることができます。

ミネラルが不足すると、骨がもろくなることや、貧血などを起こしやすくなります。

食事について、難しく考えないで、冬に旬を迎える食材を食べることです。

一番美味しい時に食べること、それが大事です。

根菜類は、冬に旬を迎え体も温めてくれる食材です。

煮込み料理や蒸し料理にすることで、美味しさをじっくり感じます。

簡単で健康に良い料理は、根菜の味噌汁のようです。

発酵食品は、腸内環境を整理する効能があります。

味噌も発酵食品ですし、根菜と合わせて体を温めます。

朝食を美味しく摂ることで、仕事の準備や休日の予定がスムーズに進みます。

一日全体の食事も見直し、体を冷やさないことや、感染症などにも負けないようにしましょう。