ダイエットへの考え方を改めた瞬間

私は面倒くさがりです。http://mycollegepapers.org/

だから、これまで何度となく「ダイエットをしなければ」と思い、ダイエットを実践しながらも、何一つ継続できずにいました。

そんな私にとって、一番続いたのは「スキマ時間を利用したダイエット」です。たとえば、家事の合間や、運転中、渋滞にはまったときなんかに、簡単な筋トレをすることで、時間を有効活用しようと考えたのです。

多趣味な私にとって、時間というのは本当に大切で、「ダイエットのために時間を割く」ということがダイエットを一番「面倒くさい」と感じる理由でした。だから、ダイエットのための時間を設けるよりも、「やらなければならないこと」のスキマにコツコツダイエットする道を選んできました。その方が効率的とも思っていたのです。

しかし、最近になって、その考えを改めました。

きっかけは、「スキマ時間を利用したダイエットすら継続できていない」と自覚したことです。それに気づいたとき、私はムキになって、「毎日ウォーキングしてやる」と思い立ちました。

そしてムキになり続けた結果、ウォーキングの週間化に見事成功、悪天候の日ですら「歩きたい」とうずうずするまでになりました。

そして、そんな習慣をたった1ヶ月続けただけで、ウエストと体重に嬉しい変化があったのです。

それから、ダイエットは、それ専用の時間を毎日設けた方が捗る、と、私は考えを改めたのでした。