白髪との付き合い方

 20代中盤に差し掛かる頃位でしょうか、白髪の多さを友人に指摘されるようになってきたのは。自分ではあまり気づいていなかったのだが、指摘されるとなんだか気になる。気になると余計増えてきたように感じる。元々老け顔なのに白髪まで増えてしまってはどうしようもないと思い、最初は白髪を自分で抜いていた。しかし抜いても抜いても鏡を見る度に白髪が目立つようになっていく。

艶黒美人は市販の販売店で取り扱いあり?

 普段通っている床屋のマスターに相談してみると「これくらいは珍しくないですよ。普通のことですよ」と言われた。普通なのか。確かに学生のころから白髪の目立つ方はちらほら見受けられた。しかし、あくまでちらほら程度だったように思う。「あんまり気になるようなら白髪染めしますか?」とマスターが言う。白髪染め?あと20年は関わることはないと思っていたが、こんなに早く白髪染めと出会うことになるとは。急な提案になんとなく決心がつかず「今回は辞めときます」それ以来、2年ほどたつが結局白髪染めはしていない。

 最初は悩んでいたが、そのうち「まあいいや」と思うようになってきたのである。だんだんと頭頂部の薄毛が気になるようになってきた私にとっては白くても大事な大事な髪の毛の1本には変わりないのである。